社会福祉法人 岡山市手をつなぐ育成会

岡山県福祉職員障害研修 中堅コース

2017年08月07日

 

日 時:平成29年7月6日(木)、7日(金)の2日間、いずれも9:30~16:00

場 所:きらめきプラザ

出席者:地域サポートセンター仲よし 

 

≪研修内容≫

【1日目】AM『求められる福祉実践』

    講師:(社福)岡山県社会福祉協議会 生活支援部 主幹 石井慎一 氏 

PM『職場の課題形成』

    講師:(社福)ことぶき会 養護老人ホーム松風園 施設長 池田英樹 氏

【2日目】AM『チームワークの促進とメンバーシップ』

    講師:(社福)岡山県社会福祉協議会 地域福祉部 主任 貝原翠 氏 

PM『職場における能力開発』

    講師:(社福)岡山県社会福祉協議会 福祉経営支援部 主任 大石祥加 氏

 

≪研修報告≫

○ 目的

今回の研修は、福祉に従事する職員として共通して理解すべき「専門性」(基本的な知識やサービスの原則)、組織人として求められる「組織性」(組織活動を円滑に進めるための知識・技術)に関する基本的事項の習得をねらいとするものであり、併せて、中堅職員としての役割の認識や主体的かつ自主的な取組、人材育成、後輩指導について理解を深めることも目的とした研修でした。

○ 一日目

福祉サービスの基本理念・中堅職員に期待される役割を理解するための要点を学びました。さらに、業務の改善・革新の必要性を理解し、改善のための企画・提案の技法を演習を通して学びました。業務の見通し・改善の進め方をシートを使って問題解決していく過程はとても興味深かったです。

○ 二日目

チーム内での中堅職員の位置づけと役割についてお話がありました。メンバーシップを発揮するための基本姿勢と視点の重要性、自己啓発・後輩指導を促進するための意義について学びました。

個人ワークではキャリヤデザインシートを作成しグループ内で共有しました。シートを作成することで何を目指しどこを到達ゴールとして歩んでいくのかが明確になり、イメージがしやすくなりました。チームとしてキャリヤデザインを共有することは、自己啓発・相互啓発に繋がりチームワークが高まると思いました。

○ 総括

二日間の研修を通して、組織の活性化のカギは「中堅職員」が握っていると繰り返しお話がありました。今まで意識したことはありませんでしたが、問題解決における中堅職員の役割について深く考えさせられました。中堅職員の意義について学ぶことができたことは私にとって、とても大きな収穫でした。これからは、中堅職員固有の役割を意識し、チームとしてより良い福祉サービスの提供ができるように努めていきます。

また、自己の課題と成長目標の確認をするため、キャリアデザインシートは折に触れ見直したいと思います。

ページトップへ