社会福祉法人 岡山市手をつなぐ育成会

平成29年度 リスクマネジメント研修会 [中堅コース]

2017年10月19日
西部仲よし 平成29年度 リスクマネジメント研修会 [中堅コース]   日時:平成29年10月2日(月) 場所:きらめきプラザ3階301会議室   内容 講義 「社会福祉施設におけるリスクマネジメント」 演習 「社会福祉施設におけるリスクマネジメント」 Ⅰ KYTイラスト・記入シート Ⅱ 想定事故事例 Ⅲ 介護事故裁判 (Ⅳ 事故・ヒヤリハット報告事例)     今回の研修は中堅職員を対象としたリスクマネジメントにおける役割や必要な知識、それを利用した取り組み方や事例を元にしたグループでの演習などを分かりやすく教えて頂きました。 役割としては、新人教育、実践の中心を担う事、改善提言を行う事の3つが挙げられていました。まずは自分自身が率先して取り組む事で、職員ひとりひとりが日頃の業務の中にリスクマネジメントに対しての意識を浸透させていけるようにしたいと思います。また、正しい知識や方法を知った上で、それに経験(応用力)を加える事が必要だという話を聞いて、漠然とした理由ではなく誰もが理解できるようなものである必要を感じました。 また、ヒヤリハットを活用し、報告だけに留まらず、原因の分析を行い再発防止に役立てていく事も教わりました。それを全体で共有するような体制を事業所でも作る必要があると思いました。 グループ演習では、KYT(危険予知トレーニング)シートを用いて、イラストからそれぞれに危険だと感じたところを挙げていき、想定事例についてさらに重要項目を選び、みんなで対策を考えていくという作業を行いました。それぞれ所属する事業所の規模や作業内容の違いから、意見にも違いが出てきました。自分達と対応の仕方に差がある場合もあり、危険についてもっと広く考えていく事への参考になりました。
ページトップへ