社会福祉法人 岡山市手をつなぐ育成会



平成29年度対人援助技術研修会(基礎コース)

                                                    西部仲よし

                 平成29年度対人援助技術研修会(基礎コース)

 

                  日時:平成29年10月10(火)

                  場所:きらめきプラザ4階401会議室(水)

 

 

*講義「利用者理解のための基本視点 ~相談援助面接の展開~」

講師:新見公立大学大学院 健康学科 教授 矢庭さゆり 氏

 

1.相談面接とは「一定の状況下において面接者と被面接者とが、相談援助の目的をもって実施する総合作用のプロセス」である。

2.相談面接の目標とその特徴

  ①利用者や家族との援助関係を構築すること。②利用者の問題やニーズに関する情報を収集する事。③問題解決への援助を行うこと。

3.面接場面の総合交流・援助関係

4.相談援助面接の展開のために必要なスキル<コミュニケーション>

 

 講義を受け、相談援助面接の展開を行っていくために必要なコミュニケーションの取り方を学ばせて頂きました。バイスティックの7つの原則、SOLER(面接時の身体的関わりの基本)の実践、非言語的コミュニケーション、主な技法として、(繰り返し、言い換え、感情の反射、閉ざされた質問、開かれた質問、要約)など技術を身に付けていく事で、効果的な情報収集が行え、問題解決への援助が行える。現在の状況、全体像を把握するためには、まず、利用者、家族との信頼関係を築く事が最も大切であると思いました。全体像を引き出し理解する事はとても難しく思いました。次につながる相談援助面接が行えるようになるためには、日々の実践の積み重ねが必要だと思いました。

 

*事例検討「利用者とのコミュにケーション場面の振り返り」

 講師:新見公立大学大学院 健康学科 教授 矢庭さゆり 氏

 

 前向きになれないA氏(事例タイトル)事例検討をグループに分かれ行いました。

事例検討のすすめ方として、Aさんの全体像を知るための・生活史・家族構成図・ファミリーマップとエコマップの作成、資料にない情報を質問していき、検討したい課題、コミュニケーションについて振り返りを行っていきました。みんなで、質問、意見を出し合っていく中で、自分では気づかなかった視点での意見もたくさんあり、勉強になりました。

まとめ・「相談面接の基本・心構え」

 1、面接には全て目的とゴールがある。

 2、面接には初めと終わりがある。(組み立てと流れ・構造がある)

 3、短期間でくつろいだ援助関係が作れる。

 4、面接で引き出される個人情報。

 5、対象者が置かれている状況を正確にアセスメントする。

 6、傾聴する。

 7、心理的・精神的なサポートができること。

 8、対象者の持つ強さ(内的資源)を活用する。

 9、情報提供・助言のしかたを考える。

 10、自己決定の原則を守る。

 11、面接は、プロセスも大事であるが、結果オーライでなければならない。

 12、基本的姿勢の確保:常に磨こうという姿勢。自己点検、考察、事例検討、模擬面接(ロールプレイング)、スーパービジョンなど。

 相談面接の基本、心構えを身に付け、目的、問題課題、ニーズなど達成するために、利用者、家族とのコミュニケーションの向上につなげていきたいと思います。

ページトップへ